電話占いを利用したあとどう考え方が変わっていくの?

電話占いで良い結果を言われた場合の考え方

好きな人ができると、その人が脈ありかどうかが気になるものです。また、人の相性はどうか、告白する時に成功するかどうかなど色々なことが気になるので、少しでも心が楽になれるように占い師の先生を頼って電話するものです。

誰でも良いことを言ってもらえる方が心が楽になれるものです。告白する勇気が持てない中で、電話占いで良い結果が出ることを期待して、その通りの結果が出たとしたら、まるで告白が成功するかのような考え方に変わるものです。占い師によって背中を押してもらえたことから、告白する勇気が更に湧き出て自分に自信が持てるようになるものです。

 

電話占いで良くない結果が出た場合の考え方

一方で、二人の相性があまり良くなく、告白しても成功する可能性が低いと言われた場合はがっかりするものです。しかし、電話占いの結果が悪いからといって、相手を好きになることを止めるという人はまず少ないと思います。悪い結果を悶々と考えずに、逆に当たって砕けるくらいの勢いに考え方を変えた方が、仮に告白をして振られてしまった場合でも、占いの結果通りだったと諦めがつくものです。

さらに、ダメもとで告白したとしてOKが出る場合も十分に可能性としては残されています。占いの結果を気にして何もせずにいるよりも、思いを伝えて成功した時は、良いことを言われた時以上の幸福に充たされることでしょう。

コメントを残す